スリーピングヤスラカニッキ

主に変な夢(夜見る方)を書きつけます。あとはこまごまと備忘録

夢:『初夢、汚染教育テスト』

初夢

 夢の話をするブログと謳っているのに、初夢の話を書かないまま日が経ってしまいました。
 なぜかというと、こういうことです。


 あまりに簡潔、かつ即物的(fgoギルガメッシュピックアップの直前)すぎるので……

汚染教育テスト

 ここからは今日見た夢の話。
◆◇◆
 大学のサークルの人たちと飲みに行った。あまり付き合いのない男性の先輩2人と、女性の先輩1人と同じテーブルになった。
 話していくうちに、4人とも転校した経験があることがわかり、少し驚いた。
 女性のT先輩は、小学校低学年の時だったそうだ。
※ここで視点がT先輩の回想に移ってしまう。
 転校してから5年程たった頃、私は事故に遭い、頭を怪我して小さい頃からかかりつけの病院に運び込まれた。
「こんな教育が許されるはずがない!」
 病院のベッドで横になっていると、かすかに開いた仕切りのカーテンの向こうで医者の先生が激しく憤っているのが見えた。
 先生は私にあるテストを受けさせるように看護師に指示した。
 テストは、どこにでもあるような易しめの学力テストのように思えた。
 テストの結果については先生が教えてくれることになった。
 なんだか私の答案らしい冊子を見せられた。開いたページにマルとかバツとかが並んでいる。
「まず、ここのところなんだけどね」
 先生が、ある×印の周りを鉛筆でぐるっと囲った。
「これは、前にできていた問題ができなくなっていることを意味している」
 隣には確かに丸がついている。以前の結果……なのだろう。先生はほかに数カ所マークして見せた。
「それで、次はこっちだ」
 次に鉛筆が示したのは丸印がついたところだった。
「これは、君の思想が汚染されているかどうかのチェックだ。はっきりと汚染反応が出ている。転校してから、新しい先生は君にどんなことを教えたのかな?」
 学校の、先生が、私に何を教えた?
 普通のことしかなかったと思う。
 でも私の思想や思考は偏り、おかしくなってしまっているのだとお医者さんは言う。
 どこがそうなってしまっているのか全くわからない。
 私は強い不安に襲われた。

◆◇◆
 ここで目が覚めてしまいました。
 先輩の過去になにがあったのかすっごい気になるな~。残念