スリーピングヤスラカニッキ

主に変な夢(夜見る方)を書きつけます。あとはこまごまと備忘録

夢:『犬がいなくなった』

 柴犬を飼うことになった。小さな小さな子犬だ。手のひらよりほんの少し大きいくらい、本当に小さなやつだった。
 どこかのビルの三階に犬といた。犬が大きな紙袋の中に入って、私のあげた水をはねさせてばしゃばしゃとやらかした。
 とりあえず犬を片手で捕まえて、どうしたものかと思っていたらちょうどいいところに友人がやってきた。
「少しこの子をお願い」
 と私が彼女に手渡そうとした瞬間、犬のやつが急に体をばたつかせて飛び降りた。そしてそのまま走って階段を駆け下りてしまった。
 犬を探して二人で一階まで行った。そこにはたくさん犬と猫がいて、みんな柴犬のやつとおなじくらいの大きさだった。
 あの子かな、と思える茶色い子に近づくと、途端に違う生き物に変わった。最初は柴犬にしか見えなかったのに、皆茶虎の猫やコーギーになってしまった。
 私の柴犬。まだ名前もつけてなかった。呼ぶこともできず、ついに見つからなかった。

◆◇◆
 目が覚めたとき、本当に悲しかった。布団の中で寝ぼけながら1時間くらい立ち直れなかった。
 いぬ~~~~~!!
 夢の中では引き取った直後だった気がする。だから名前もなかったんだな。

カレンダー2018 柴犬 (ヤマケイカレンダー2018)

カレンダー2018 柴犬 (ヤマケイカレンダー2018)