スリーピングヤスラカニッキ

主に変な夢(夜見る方)を書きつけます。あとはこまごまと備忘録

大戸屋風

 大戸屋風ばくだん小鉢っておいしい。でも定食と一緒に食べると高いし、かといってご飯にほぼおんなじものが乗ってるばくだん丼だとおかずが欲しくなって物足りない。気軽に食べられない。
 というわけで、自宅で作ってみた。

大戸屋風ばくだん小鉢風

f:id:sleeping-yasuraka:20160401134241j:plain
 できた…
 納豆とオクラと山芋、マグロと卵黄。
 ていうか本家のマグロの量、3切れって少なくないです!? そんな思いが爆発してマグロは倍以上入れてやった。
 味については、「まあこうなるよね。」って感じで。この構成では本家を超えることも著しく劣ることもありえないから。
 器は別に本家の形状に近づけなくてもよかったけれども食器棚の中に近いのがあったため、採用。これなーーーー…あんまり見えないんだけど、今年のミスド福袋でもらったリラックマのグラス。彼もこんなふうに使われるとは思ってなかったことでしょう。

 これは…でもさ…自宅で作ってもそんなに安くはないよね。多分。材料費計算したら頭痛くなりそうだからしてないけど…

……

……ああ…(計算した。頭痛くなった)

 マグロが高い。それを調子のってばかばか入れたら単価も高くなります。マグロのパックからつまみ食いをしてしまったのも1食あたりの価格の高さの一端を担っているけれど…

 あとちょっと思ったのは、こういう材料多い料理って食べてくれる人数が多くないと作りづらい。1食だけ作ったら確実に余すし、そのあとは腐る前に他の料理に使うかおんなじのを食べ続けなきゃいけない。私は前者がほんと不得意で困る。実際この小鉢を昨日今日と2回食べることになった。3回めは多分飽きる。

 それにしても、世の中の綺麗に盛りつけて写真を撮ってネットに上げている人はすごいなあとしみじみ思う。このばくだん小鉢なんて腹に入ればおなじ系の極みというか、この写真の直後にはまぜまぜされてるわけだし…
 気まぐれにキレーーーに盛り付けても、そのあと写真撮るのも難しかった。そして難しかった割に綺麗でおいしそうな写真は撮れなかった。悲しい。