スリーピングヤスラカニッキ

主に変な夢(夜見る方)を書きつけます。あとはこまごまと備忘録

怖いものから逃げたい

 小さい頃、部屋には大きなクローゼットがあった。

 中には、おもちゃ箱。ぬいぐるみが好きで、いくつも入っていた。

 ある日車庫の中から自分が物心つく前に遊んでいたらしき人形を発見した。その服も色あせてしまっている人形は、寝かせると目を閉じるギミックがついていてなんだかリアルに感じられて嫌だった。ほっぺに泥がついていたけれど、それを落とすこともせずにおもちゃ箱の中に放り込んだ。

 夜になれば、勿論部屋を暗くするのだが、一緒にいる弟がどうしても真っ暗闇を嫌がり毎晩常夜灯をつけて寝ていた。

 そうしていたらある夜、クローゼットに少し隙間が開いていることに気づいてしまった。多分昼間にきちんと閉めなかったんだろう。

 途端に怖い想像が止まらなくなった。薄暗い部屋。少し開いたクローゼットの中は更に真っ暗闇だ。

 人形。

 あの人形がこっちを見ているんじゃないか。

 私が泥も払わずに捨ておいているから恨んでいる…

 このまま無防備に眠ったら人形が枕元にやってきて私を殺してしまうかもしれない。

 おそろしくておそろしくて、私は毛布で自分を隠して、髪の毛も出さないようにして眠った。

 それからしばらくの間、クローゼットの中にはなにか怖いものが潜んでいて、布団から体の一部でもはみ出していると見つけられて殺されてしまうという妄想に取り憑かれていた。

 気づかないうちに妄想はおさまり、そんなことをしていたのも長らく忘れていた。

 そしてつい先日。怖い夢を見て明け方目覚めたのだけれど、お腹にはタオルケットしかかかっていなかった。

 足が出ている。隠さなければ見つかってしまう。そう思った私はいそいでもう一枚そのへんに転がっていた毛布を引き寄せた。追われていたので心臓がドキドキしていたけどもう大丈夫。安心して二度寝した。…完璧に寝ぼけていた。

 きちんと覚醒してから考えたら、なんでそんなことをしたのか最初わからなかったけど、クローゼットの妄想を思い出したらちょっと納得できた。何回もそうやって布団をかぶってたんだった。

 本当に怖いものから身を隠すというよりは、そこから出ないというルールを守る限りは大丈夫という無意識にやっているおまじないみたいなものなのかな、となんとなく思う。

 

耳なし芳一・雪女~八雲 怪談傑作集 (新装版) (講談社青い鳥文庫 66-4)

耳なし芳一・雪女~八雲 怪談傑作集 (新装版) (講談社青い鳥文庫 66-4)

 

 

夢:『砂浜に散らばるBL漫画』

 久しぶりの夢日記

◆◇◆

 資格試験の勉強をしていた。

 海が見える部屋のベランダに、机を置いて、友人と二人だった。

 友人と私は試験の時間が違う。彼女が試験に行ってしまったので私は一人で黙々と続けた。  砂浜を見下ろすと、何枚も絵が描かれた紙が落ちているのに気がついた。

 二階だったけれど砂浜に飛び降りて拾ってみると、BL漫画の原稿だった。まだ下書きのものから、清書されたものまで、いろいろあった。

 不思議な女の子がいて、それは最近亡くなった人の遺作で、できたら拾ってほしいと言われた。

 手にしたページを見たら、お話が気になってしまって、全部拾い集めてから整理して一気に読もうとおもった。なので、なるべく内容を見ないように砂浜に散らばった原稿を集める。

 すると背の高い、少しハゲの、でも優しそうなおじさんがやってきて拾うのを手伝ってくれた。その人は、安直さんといった。どうにも亡くなった作家さんと関わりがあるようで、悲しげな表情が時折滲んだ。

 安直さんは優しそうというか、優しかった。私は安直さんと仲良くなった。

 ほぼ全部の原稿を拾い集めたら、その中に折りたたまれた履歴書が挟まっていた。雨にさらされたのか、インクが滲んでしまっている。

 これは作家さんのものだろうかと興味をひかれて開いてみたら、写真が貼られていた。眼鏡の女性だったのだけれど、一瞬その人の顔が歪んだように見えて、背筋に悪寒が走り、すぐに写真が貼ってある面を伏せた。

 安直さんに履歴書のことを伝えると、彼が然るべきところに持って行ってくれることになり、茶封筒にしまった。そして安直さんが空に向かってぱっと手をはなすと茶封筒ごとどこかに消えていった。

 私は、漫画の内容を見せてもらうのを忘れたことに気づいてちょっと残念な気持ちになったが、なんとなく、安直さんは漫画をデータ化して持っているような気がしたので、まあいいかと思った。

◆◇◆

 漫画の内容は覚えてない。二次創作じゃなくてオリジナルのBLだった。

気分優れず

 携帯をiPhoneにしてみたので、文章入力ならしがてらの日記

 人に嫌われる夢を頻繁に見たのでゆううつが加速して気分が良くなかった。この二週間くらいのこと。
 寝て、起きて、母に猫の写真を送るよう強請る日々であった。二枚しかもらえなかった。
 夏になって、外に出るのが格段に億劫になってきた。こんなに暑さに弱かったろうかと思い悩む。日差しが強い。かと思えば、夜は冷え込み上着がほしくなる。荷物が増えて腹立たしいことこの上ない。

 携帯は、別にiPhoneにしなくてもよかったんだけど、変化がなくて面白みがない気がして思い切ってしまった。今の所、アプリなどではそこそこ不自由してないけれど、Androidのカーソルを動かす矢印が恋しい、切実に。あと戻るボタンも(左下トントン)

寝物語

 小さい時はたまに祖母の家に泊まりに行った。

 寝る時に話してくれた昔話調のおはなしがあって、祖母のアレンジなのかしらないけど衝撃的な描写が多かった。大好きだったので毎回せがんでいた。

 そろそろ忘れそうなので記録しておく。

タイトル不明。おじいさんが成功する系昔話

 ※全体的に汚い

 昔々あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。

 おじいさんは畑に行き、せっせと畑を耕します。

 お昼になり、おじいさんは休憩しようと思いました。そのとき、おじいさんが置いたクワの柄の先に、一羽の雀がとまりました。おじいさんはちょうどお腹が空いていたので、雀を毛もむしらずに食べてしまったのです。

 次の日の朝、おじいさんが起きて用を足しに便所にいっておしりを出すと、おじいさんのおしりにびっしりと雀の羽毛が生えていました。

 おそるおそる毛を一本抜いてみると、おしりから歌が聞こえてきました。

 ♪粟ちょいちょい米ちょいちょいこがねの盃ぴっぴろぴーのぴー

 慌てておばあさんのもとへ行き、おばあさんの前でも毛を抜いて見せました。

 ♪粟ちょいちょい米ちょいちょいこがねの盃ぴっぴろぴーのぴー

 それを見たおばあさんは、殿様に見せたらいいと言いました。

 おじいさんはそうしようと、お城に行きました。

「殿様、殿様、面白いものをお見せします」

 殿様の前でおじいさんはそう言っておしりを出して、毛を一本抜きました。

 ♪粟ちょいちょい米ちょいちょいこがねの盃ぴっぴろぴーのぴー

 お殿様はおじいさんのおしりの歌をたいそうおもしろがって、褒美をどっさり持たせて帰しました。おじいさんとおばあさんはおお喜びです。

 さて、それをのぞいていたのが隣のよくばりなおじいさんです。

「おれも殿様に歌見せて褒美をもらってやる」

 そう思って隣のおじいさんは畑に行きました。

 しかし不真面目なおじいさん、畑仕事もせずにただ雀を捕まえて、毛をむしらずに食べるだけしてお家に帰りました。

 次の日の朝、よくばりじいさんがおしりを出してみると、やっぱり雀の羽毛がびっしりと生えていました。

 よくばりじいさんはおお喜びで、お殿様のところに飛んでいきました。

「殿様! おれもしりから面白い歌聞かせられます」

「よかろう、やってみよ」

 そしてよくばりじいさんはお殿様の前でおしりを出して、毛を一本抜きました。すると……

 びしゃびしゃっ!!

 お殿様の目の前の畳に思いっきりぶちまけられました。

 周りはざわめきました。

「殿様の前でなんて汚い!」

「いや違うんです殿様、もう一回、もう一回やってみます!」

 もう一本抜きました。

 びしゃびしゃっ!!

 もう言い逃れはできません。よくばりじいさんは捕まって、牢屋に入れられましたとさ。

 おしまい。

◆◇◆

 うーん。

 ちょっと記憶が曖昧なんだよな。大体は合ってると思うんだけれど。

 この話にかなり似ている。

blog.goo.ne.jp

 元は同じ話なんだろう。祖母の家の地域とも一致している。歌もほとんど同じだ。(『こがねの盃』の部分がはっきり違うのは子どもの聞き間違いかもしれない)

 ただ……なんていうか、祖母の話の方が全体的に汚い…尻を出さなきゃ歌でないのだろうか。とか、よくばりじいさんのくだりとか。

 あと、真面目なおじいさんだって真面目に畑仕事はしてたけどお腹減ったからって雀食べてるよね!?

 大人になってから思い返すと突っ込みどころは多いんだけど、主によくばりじいさんの例の部分を祖母が思い切りよく言うので、寝なきゃいけないのに腹抱えて笑ったものだった。

 おばあちゃんまた語ってくれないかなあ。多分昼間だとやってくれないと思うんだよなあ…(汚いから)

 

あした、どこかで。―世にも珍しいスズメ写真集

あした、どこかで。―世にも珍しいスズメ写真集

 

 

 

夢:『非常食の小動物』

 今日の夢はちょっと怖い夢。
 ※父が夢の中で奇行に走りますが、現実の父はまともな人間です。
◆◇◆
 世界の人たちがどんどん肉食の獣人に変化していっている。今まで食べていた食料は体に合わなくなって、全部無駄な生ごみになってしまう。
 食べるものがなくなっていく。じゃあどうしたらいいの?
 家族会議が開かれた。もうほとんど変化している父親が、急場しのぎの策を思いついたようだ。
 父親はおもむろに倉庫をあさり、一匹のネズミを捕まえた。そしてそれを小さな布の巾着袋に入れた。
 父親がつまんで吊るす巾着袋の中では生きたネズミがもぞもぞ動いている。家族皆に巾着袋が何枚か配られた。捕まえるだけネズミを捕まえて袋に一匹ずつ入れるように言われた。
 家の中には実はネズミがいっぱいいる。家族が騒がしくしはじめたからかネズミもちょろちょろ隠れていたねぐらを飛び出し逃げまわる。
 やっぱり一番ネズミを捕まえているのは父だ。私はネズミがかわいそうだし噛まれたりしたら嫌なので遠巻きに見ている。父の手にはもう4つくらい中身の入った巾着袋がある。
 これ、お弁当みたいに皆に分配するんだって。
 私は食べたくない。獣人になんかなりたくない。変化していくのが怖い。

◆◇◆
 ネズミが巾着袋ごしにもぞもぞしてるのが、かなり鮮明に見えてほんとにかわいそうだし気持ち悪い夢だった。
 しかしあんな“お弁当”しか手立てがないなんて、生き残るのが難しすぎる。

実家に猫が増えた

今週のお題ゴールデンウィーク2016」

 猫。猫かわいい。
 タイトル通り、実家にもう一匹猫が増えたのだという。
 以前、こんな夢の話を書いた。
sleeping-yasuraka.hatenablog.com
 家の中が猫で溢れかえる夢だったのだけど、その時は猫を増やす話は全然知らなかった。
 しかし2月頃に実家に電話してみたら、いきなり猫が一匹増えていた。(母「弟がね、猫もう一匹もらってきたんだよ〜ははは」)唐突すぎる。
 それからというもの、電話越しに、今足のそばにいるだの、布団の中に入ってくるだの猫自慢をたっぷり聞かされた。新しい猫は弟がもらってきたのだがいつの間にか母さんっ子になってしまい、母によくなついてくっついて回っているようだ。

〜電話中〜
母「今? そばにいるよ(得意げ)」
西川「…そう(ちょっとくやしい)」
母「ほら、ニャーは? ニャー」
猫「ニャー」
西川「……(いいなあああああ!!)」
〜電話終了〜

 そしてこの連休、ついに帰省して猫に対面することができた。
 窓際に置かれた毛布で休む猫。気づかず居間に侵入する私。一応猫を探しているのだが、侵入者に気づいた猫が息を潜めて動かないので気づくのが遅かった。部屋を見回してそこにいる黒い塊に目を向けると…猫、バッチリこっちを見ていた。
 目が合う。
 びっくりした。全然気づかなかった。
 驚きで、互いに動かず一瞬の間があいたのち、私が一歩踏みだそうとしたら、猫はびよんと跳ねて私から大きく距離をとった。当たり前のことなのだが、初対面なのでめちゃくちゃ警戒されていた。
 次の帰省ではもっと慣れてもらえるようがんばる。

 先住猫の方は、「お、お前帰ってきたのか。まあなでていけよ」って感じで、太ったお腹を沢山もふもふしてやった。最高である。

岩合光昭の世界ネコ歩き

岩合光昭の世界ネコ歩き

風邪をひいたらなに食べる?

 連休中がんばりすぎて風邪をひいた。

 そこそこひどくて丸一日寝込んでいたけど、そこまでの風邪をひいたのが久しぶりで少し困ったので、小さい頃は親にどうしてもらってたとかを思い出してみた。

風邪といえばまずお粥。

 小学生くらいまではお粥が嫌いだった。なにが嫌だったかを思い返すと、米の溶けたとろとろした部分の味が嫌いだったんだと思う。お粥を食べない私のために母はわかめと卵の中華スープを作り、そこにご飯を入れただけのスープご飯を作ってくれた。お粥に比べて味が濃くて、米粒があんまり溶けてなく、たいそう喜んで食べたのを記憶している。お腹にやさしいかどうかは知らないけど。

 母がいないときは祖母にうどんを出してもらった。うどん美味しい。多分私が頑なにお粥を食べないのでうどんを出していたんだろう。

スポーツドリンクにこだわりのある小学生

 スポーツドリンクについては、どうしてもポカリスエットの子どもだった。運動部だったのでもともとスポーツドリンクを飲む機会はちょこちょこあったのだが、なんとなくアクエリアスの甘さが嫌になってポカリ一択になっていた。酸味が強くていいとかなんとか思ってた気がする。ちなみに今はどっちでもいいけど、ポカリスエットが優勢。ということで今回もポカリスエット買ってきた。(運動するときはヴァームもいいよねー、と最近の私)

 うん、おいしい。しみる…

風邪の日だけの贅沢品

 弱っていると親は甘やかしてくれるもので、小5でインフルエンザになり丸々一週間休んだときは、父親がプリン6個くらい買ってきてくれた。毎日一個ずつ食べた。母親は、「何かほしいものある?」とか聞いてくれて、その度に私が滅多に飲めないc1000(一番美味しい炭酸飲料だと思ってる。小さい時は量が少なく割高なのであまり買ってもらえなかった)をねだるのでそのうちに風邪をひいたらなにも言わずに買ってくれるようになった。前述のインフルエンザのときはついに6個パックで買ってきてくれた。一日に2本飲めた時はすごい贅沢をしてる気がして嬉しかった。 

 他所の家の看病事情

 大学に入ってから他の人から、風邪の時のご飯とか、その時だけの贅沢とか聞くことがあったけど、やっぱり家ごとに違いがあって面白かった。

 風邪をひいた時は親がハーゲンダッツを買ってきてくれるという家とか。まさしく風邪の時だけの贅沢だったらしい。西川家ではハーゲンダッツは正月だったな…出来あがった父親がアイス食べたいと言い出して誰かが買ってくる流れで。

 また、「風邪といえば生姜湯!」と言われて、作ったことはなかったので作り方を聞いてみたらその人の実家でいう生姜湯とは生姜のすりおろしたのをたっぷり入れた具のない味噌汁だったり。そういえば、家では生姜湯ってものは出てきたためしがないな…と思ったが、よくよく考えてみたら母親が生姜嫌いなだけだった。台所の支配者がそうなので出てくるわけもない…

◆◇◆

 今回はポカリスエットとc1000飲んで寝たらだいぶ良くなったけど、それだけしか口にしてなかったら1.5キロ減った。お腹減った。今夜はスープご飯にします。あと、甘い生姜湯あんまり好きじゃなかったので味噌汁の生姜湯採用する。